遺影写真・生前遺影写真作成のハナワ商会。 ご相談・お問い合わせはこちら 
遺影写真のハナワ商会 即日対応 365日対応
ホーム      遺影写真について      遺影写真作成の流れ      遺影写真作成プラン(価格表)      ハナワ商会について

ホームページからのご相談はこちら

ハナワ商会のお約束
何度でも加工修正!
何度でも相談無料
即日スピード対応!
お電話でのお問い合わせはこちら

ホームページからのご相談はこちら

お客様からのご意見・ご感想をご紹介します。
遺影写真の背景サンプルはこちら
遺影写真の男性衣装サンプルはこちら
遺影写真の男性衣装サンプルはこちら
遺影写真の額縁サンプルはこちら
遺影写真制作現場日記
 
 
ホームページからのご相談はこちら


遺影写真のハナワ商会

























ホームページからのご相談はこちら




























ホームページからのご相談はこちら







遺影写真の大きさは四切サイズとキャビネサイズが一般的ですが、実は特に決まりはなく、葬儀の規模や内容によってはサイズを大きくしたり小さくしたりすることもあります。

たとえば大勢の方が来られる葬儀であれば、参列される方によく見えるように、遺影写真のサイズを大きくすることもあります。

しかし、通常は四切サイズとキャビネサイズがひとつずつあれば十分です。


なるべく大きな写真で、できるだけピントの合った写真を選ぶとより良い遺影写真が作成できます。

出来れば本人がひとりで写っているものか、プロのカメラマンが撮影した写真があれば、写りも良く
遺影写真に最適です。最近はデジカメで撮影した写真で遺影写真を作られる方の方が増えてきていますが、現像した写真でもきれいに遺影写真を作ることはできます。

元の写真は小くても遺影写真は作れます。たとえば大勢が一緒に写った集合写真の一部からでも大きく拡大して遺影写真を作成できますし、免許証の写真を加工して遺影写真にすることもできます。 ただし元の写真が小さいと写真を拡大する必要があるため、出来上がった遺影写真は多少ぼやけた感じになります。

また、できるだけ絹目の写真は避ける事をおすすめします。

絹目の写真は、遺影写真にした時に絹目も出てしまうので、通常の光沢写真よりも遺影写真がぼやけてしまいます。どうしても絹目の写真しか無い場合も遺影写真を作成する事はできます。
できるだけひとりで映っている写真で、お顔がはっきりと映っている写真が遺影写真にぴったりです。背景や衣装は後で変更できますので、写真を選ぶ段階で気にする必要はありません。


従来の遺影写真は、本人または遺族からお預かりしたお写真をそのまま拡大して、遺影写真として利用していました。しかし、最近ではパソコンや写真加工ソフトなどが飛躍的に進歩し、元のお写真よりも遺影写真の方がよりきれいに仕上げることが可能となりました。背景や衣装はもはや当たり前のように変更ができ、シミやシワ取りなどの美容効果の適用もできるようになってきています。

一生の思い出になる大切な遺影写真だからこそ、背景や衣装、写真写りまでこだわってみてはいかがでしょうか?

最近の遺影写真はデジタル技術の進歩により、サンプルの中から衣装や背景を自由に組み合わせて選ぶことができます。またご希望があればシミやシワとりなどの美容効果も取り入れることができ、遺影写真のほうが元の写真よりきれいに仕上がることがほとんどです。


左の画像をクリックすると右の画像が入れ替わります。

遺影写真のことなら何でも気軽にお問い合わせください。

▲ ページの先頭に戻る
ホーム | ハナワ商会のお約束 | 遺影写真について | 遺影写真作成の流れ | 遺影写真作成プラン 特定商取引法に基づく表記
ハナワ商会について |  お客様の声 | よくある質問 | 遺影写真制作現場日記 | お問い合わせ | 個人情報保護方針
遺影写真のハナワ商会 即日対応 365日対応
© 遺影写真のハナワ商会 Co.,Ltd. All rights reserved.